ほのか | 留学を夢見る大学生の日記

4か国に留学した大学生が、経験や現在や夢や日々のことを残していく日記

チェコ語「良い」のDobře と Dobré の違い

Dobréとdobřeの間には違いがあります。 良いというのは、何かが良いと言うようなものです。 たとえば、「おはよう」、「こんにちは」、または「おいしい食べ物」と言うことができます。 そして、Dobřeは何かに同意するときに使う言葉です。

 

There is a difference between Dobře and Dobré. Dobré is like telling that something is good. For example Dobré ráno (Good morning), Dobré odpoledne (good afternoon), or u can say Dobré jídlo (good food). And Dobře is word u use when you agree with something.

ドコモの携帯電話プランahamoの海外利用に関する情報

はじめに

気になったのでメモ代わりに書いておきます。私は数年以内にヨーロッパへの留学を予定しています。

ahamoなら海外でも使えるが、制約がある

ahamoはドコモの携帯電話のプランの名前です。ちなみに、ahamoの語源は「わからない」と担当者に言われました。知っている方がいれば教えてください。

ahamoの最大のウリ(個人的に)は、海外でも使えることです。しかし、これにはいくつかの制約があります。

この情報は2023年12月10日時点のものです。

制約1 使えない国がある

ahamoは現在約90か国で使え、私が見た感じ大概のメジャーな国はカバーできている印象です。

使える国のリストは「ahamo 海外」で検索して最初に出てくるサイトに書いてあります。

このブログがかなり上のほうに出てきて検索汚染していないと良いのですが。

制約2 15日間しか使えない

長期の海外移住はおそらく想定されておらず、旅行者向けのプランだと思うので、このような制約があります。

1か月に、15日間のみ海外利用ができます。

しかしここにも注意点があります。

たとえば、1月1日に使い、1月2日に使わず、1月3日に使い、…と奇数の日は使い、偶数の日は使わないという生活を送ったとします。

この場合に、「15日」の期限が来るのは1月15日であり、実際に使っていた日数に準じた1月30日ではありません。最初にデータを使った日から15日間なので、極端な話、1月1日にちょっと使っただけで1月20日にまたデータを使おうとしても使えなくなるということです。

番号保管について

ワーキングホリデーや語学留学など比較的短期で終わり、日本にその後帰るような留学の場合、もちろんahamoを契約したままにしておくこともできます。

しかし、正規留学や駐在などの場合、日本の携帯電話そのものを解約するケースが多いと思います。

そのような場合、ドコモでは「番号保管」というサービスを行っています。例えば08012345678という番号をあなたが持っていたとして、その番号でいろいろなサービスに登録している場合に、解約してしまうと再びその番号を持つことは困難になります。その場合に08012345678という番号をとっておいてくださいね、というサービスが番号保管です。

ドコモでの番号保管の費用は、月に450円かかります。

最長6年間可能です。

オンラインからも手続きができ、その手数料は1000円です。対面でドコモショップで行う場合は、3850円かかります。

番号保管を解除する際の手数料は無料です。

ahamoを解約するには

解約もオンライン上で完結します。

ドコモショップのひとによると、海外からでもできるのではないかとのことですが、確かではありません。

最後に

本を奢ってください。教養を深めたいです。

www.amazon.co.jp

カトリック教会にはじめて行く方のためのガイド カトリック教会と海外移住編

はじめに

私は2024年に地元の教会で洗礼を受ける予定の大学生で、カトリック教会に通っています。

洗礼を受けた後、海外移住したくなったらどうするの?

海外移住をする場合でも、洗礼は一生に一回です。

洗礼を受けると、「洗礼証明書」を発行してもらえますが、それを持って海外のカトリック教会に行くことで、このひとは日本の○○教会で洗礼を受けた正式なカトリック教徒なんだということが証明できます。

また、プロテスタントなどの他宗派(キリスト教徒の顔をしたカルト宗教の場合は知りません)からカトリックに改宗する場合は、洗礼を受ける必要はありません。改宗のための儀式はありますが、それは洗礼ではありません。

たとえば、日本の教会で洗礼を受ける私がドイツに行ったとして、ドイツで洗礼を受けることはないのです。

カトリック教会にはいくつもの派閥があるんだとしたら、海外移住したところの教会と派閥が違ってしまわないの?

カトリック教会には派閥や分派はありません。どの教会もローマ教皇(「ローマ法王」は正式な言い方ではなく、日本のマスコミなどが広めた間違った呼び方です)を上に持つローマカトリックとして、ひとつの大きな組織です。

そのため、例えば日本の○○教会で洗礼を受けたとして、それがポーランドの△△教会で無効になるということはありません。

カトリック教会であるかどうかを見分けるにはどうしたら良いの? カトリック教会を自称するカルト宗教に関わりたくない。

これは日本も海外も共通ですが、大司教区などのウェブサイトに、その大司教区に属する教会のリストがあります。たとえば、カトリック大阪大司教区(みたいな名前のサイト)を見ると、そこにカトリック○○教会、△△教会とリストがあります。逆に、そこに名前がなければ、その教会はカトリック教会ではなく、自称キリスト教会のカルト宗教である確率が高いです。

最後に

本を奢ってください。教養を深めたいです。

www.amazon.co.jp

カトリック教会にはじめて行く方のためのガイド

はじめに

私は2024年洗礼予定の学生です。

この記事では、洗礼を受けたいと思っていたり単に興味があったりする方のために、カトリック教会について非常に簡単に書いておきます。

なお、私は神学校などでの教育を受けておりませんので、内容の正しさなどは担保できません。簡潔なメモ程度に留めておきます。

カトリック教徒になるには

カトリック教徒になるには、洗礼を受ける必要があります。

洗礼を受けていなくても教会には入れます。「なんとなく興味がある」くらいでも教会には入れますし、歓迎されます。若い人があまり行かず、ほとんど白髪の人ばかりなので。

洗礼を受けるには

洗礼を受けるには、「今日来たばかりだけど今日洗礼受けたいからよろしく」などとはなりません。

基本的に、末期の患者さんなどでない限り、洗礼を受けるために「キリスト教入門講座」に参加する必要があります。私のところは週1回、1時間ですが、出席は任意です。なお、お金はかかりません。

教会に入ったら、寄付しなきゃいけないの?

寄付は任意ですし、したとしても例えば100円などの少額のことがほとんどです。また非信者の方はとくに寄付を迫られる必要性が薄いです、

もし多額の寄付(あなたが多額だと思う額)を強制されるなら、2つの可能性があります。

ひとつは、カトリック教会やキリスト教会を自称しているカルト宗教である可能性。もうひとつは、単に財政が酷く負担の大きなまともなカトリック教会です。いずれにせよ、避けたほうが無難です。

最後に

本を奢ってください。教養を深めたいです。

www.amazon.co.jp

 

試験でいちばん大事なのは名前を書くこと

最初に

なにを言っているんだ、名前を書くなんて当たり前じゃないか。

名前を書けば受かるのは偏差値の低い大学なら受かるということか?

そんなことを読者の方は思っているかもしれない。

 

しかし、今日あなたに伝えたいのはそんなことではない。

人間は、ときには名前を書くという簡単なことでさえ忘れてしまうことがある、ということだ。

パニックになると名前を書くことを忘れてしまう

しかし、本当にある資格試験で、私は名前を書き忘れそうになり、試験終了5分前に気づいたことがある。本当にひやっとした。それまで書いた問題すべてが間違っているような気がした。

基本的に、試験で名前を書き忘れると失格または0点になる。名前なんてあとで書きゃええやろと思っていると忘れてしまう。

ちなみに私の場合は、あとで書こうと思っていたわけではなく、単純に書くのを忘れていたのだ。

人間は救急車の番号さえ忘れてしまう

私はイタリアに留学していたとき、目の前でひとが倒れて救急車を呼んだことがあった。

イタリアの救急車の番号は118だとわかってはいたのだが、いざ目の前でひとが倒れると、本当に救急車の3ケタの番号さえ忘れてしまうのだ。日本の救急車の番号は119だなんて考えてすらいなかったので、それとごっちゃになったわけでもなかった。

ちなみに、倒れて気を失っていたそのひとは、後日助かったとお友達から聞いた。

最後に

本を奢ってください。教養を深めたいです。

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/9WBR0K7KWYX8?ref_=wl_share

「現代英語の等位構造 その形式と意味機能」レビューと感想

この本は、andを使った等位接続に関するもののほかにも多々書かれていますが、どれも非常に興味深い内容です。

 

この本は著者の博士論文をもとに書かれています。私は大学の学部生なのですが、数年後に私も書くであろう博士論文でこんな素晴らしいものを書ける気が全くしません。本のあらゆるところでこの研究の水準の高さを実感しました。そして研究とはこういうものだよということの、この本は模範的な実例です。

 

博士課程などに進学予定の学生(とくに言語学や英語学を専攻予定の方)は、この本の前書きを絶対に読むべきだと思います。前書きでは、英語がネイティブでない日本人という立場から英語を研究することについて書かれていますが、この著者のスタンスは、ノンネイティブだからと落ち込んだり怯んだりすることなく、むしろノンネイティブであることを活かした研究をしようというものです。日本の英語教育では、ネイティブから学ぶこと、ネイティブになるべく近くなろうとすること(かなり砕けた表現がネイティブのものだと偏重されたり、ネイティブの発音でないなら良くないと言われたり)が偏重されていますが、ネイティブでないということは英語という新しい面白い世界への扉を開かない理由にはならないよといったことがこの本の行間にはちゃんと書いてあります。

 

中古品しか手に入らず、新品が絶版なのがとてももったいないです。ぜひ大阪大学出版会はこの本の新品での再販と、英語などの外国語訳を真剣に考えてください。このような世界的名著が埋もれてしまうのは非常に惜しいことです。